口臭対策と治療

口臭対策と治療

口臭に悩んでいる人に役立つ口臭対策とその治療に役立つサイトを紹介します。口臭の悩みを解決するには原因を突きとめる必要があります。

かいもんぶぎバンク > 口臭対策と治療

口臭の原因

口の臭いは、加齢に伴って酷くなっていく事が多いんです。
でも、人の口の臭いは気になっても、案外ご自身の口のにおいには鈍感な方も多いはず。

また、自分では口臭を気にしていても他の人は気にしていなかったり、むしろ自分は気にしてなくても周りの人は気になっていらっしゃるかもしれませんね。
如何に身キレイにしいても、口臭が酷かったら、イメージが悪くなってしまいます。
それでは、口臭の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)にはどういったものがあるのではないでしょうか。

ほんのささいな口の臭いがあったとしても、歯磨きをしたり、食事をしたりすることによりなくなる口の臭いであれば問題はないでしょう。
その場合には、口腔内の細菌の増殖や食べ物のカスなどが主な口の臭いの原因です。
細菌の種類には、好気性菌と嫌気性菌とがあって、口臭の元になってしまうのは嫌気性菌です。

嫌気性菌は、酸素が少なく、唾液の量の分泌が低下することで増殖します。
そして、口臭の元になる揮発性硫黄化合物(メチルメルカプタンや硫化水素、ジメルサルファイドなど)をますます産生してしまうのです。
こまめに歯磨きをして、嫌気性菌を繁殖させないようにすれば、口臭も抑えられるはずです。

でも、口のにおいの原因が口の中にはない場合も少なくありません。
それは、糖尿病や肝機能障害、腎機能障害、胃腸障害といった病気に原因がある口臭ですね。
この場合は、揮発性硫黄化合物ではなく、アセトンやアンモニア、ジメチルアミン等が口の臭いの原因で、かなりの悪臭を伴います。

ちなみに、胃腸障害の場合は、腸の中の悪玉菌が要因であるといわれているのです。
歯磨きをしていても口臭が消えない場合や魚の腐敗したような悪臭が行う場合は、内臓疾患を疑ってみる方がいいでしょう。
口の臭いはその原因をさぐり、それに合った治療が必要です。


あなたがもしも本気で口臭の悩みを解決したいなら

>>口臭撃退マニュアル

口臭対策と治療 トップへ戻る