ゴルフ 飛距離アップの方法

ゴルフ 飛距離アップの方法

ゴルフの飛距離アップにあこがれるあなた、谷将貴のゴルフ非常事態宣言で教える体力、筋力、体格などに関係なく遠くに飛ばせる3つの方法を伝授します。

かいもんぶぎバンク > ゴルフ 飛距離アップの方法

ゴルフ初心者が飛距離アップをめざすには

ゴルフの初心者(教えてもらってもちろんっていう態度を取られると、教える方もやる気をなくすものです)以外でも、『他のクラブでは飛距離が伸びているのに、なぜ運転手だとさっぱり飛距離が伸びないのだろうか?』といった疑問を一度くらいはかんがえたことがあるみたいです。

では、なぜドライバーさんの飛距離は、あなたが考えているほどには伸びないのでしょう。
まず、おぼえておいてほしい事は、ゴルフのボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人訓練の時でもいくつかの疑問あった方がいい事もございます)というのは、ヘッドスピードを速くしてヘッドの芯でインパクトさせる事さえ出来れば、ナチュラルに飛距離も伸びるっていうことなんであります。

きもちよくクラブを振り切ったタイミングの時が、案外、飛距離も伸びているものですから、さほど力を入れすぎないよう、性格なフォーム(自己流で身につけようとすると、妙な癖がついてしまいますよから、講師について教えてもらったり、鏡や動画などでよく確認しましょう)で振り切る事を第一に心がけて打つようにして下さい。

そして、ドライバーはクラブのなかでももっとも長いクラブです。
初心者の場合、あなたが想起しているほどには、うまくクラブを振れてない可能性もあると思います。
これが、初心者が運転手で飛距離を伸ばせない理由にもなっていますので、一度、誰かにフォーム(スポーツなどすると、動きの形や姿勢などをこう呼びます)をチェックして貰うか、ビデオなどで撮影してもらって下さい。

ドライバーの飛距離は、ご自身の年齢や体格、その上、そのときのヘッドスピードや芯を捉えているかどうかによっては、けっこうなちがいが生じてしまう物です。
ゴルフをしていると、どうあがいてもドライバーの飛距離に拘りたくなる心情もわかります。
だけど、遠くへ飛ばす事だけがゴルフでは無いことも学ぶ必要があるはずです。

でも、でもですよ、やっぱりゴルフは飛距離が醍醐味という方は「谷将貴のゴルフ非常事態宣言」を試してみてください。

体格、筋力、体力などに関係なく、ドライバーの飛距離を伸ばす3つの方法を伝授してくれます。


>>谷将貴のゴルフ非常事態宣言

ゴルフ 飛距離アップの方法 トップへ戻る