兼子ただし ストレッチ体操

兼子ただし ストレッチ体操

ストレッチは、色々なポーズをとることで、骨格筋を伸ねし、柔軟性を高めたり、可動域を広げ、スポーツにおいてケガの予防に役立ちます。兼子ただしさんのストレッチ体操をオススメします。

かいもんぶぎバンク > 兼子ただし ストレッチ体操

ストレッチの効果

ストレッチと言えば、運動する前の準備体操や運動を行った後の筋肉の整理運動としての軽い運動のような印象を持っている人が多いかもしれません。
けれど、実は、ストレッチ(ストレッチングともいいます。筋肉をあえて伸ねすことで、その筋肉の柔軟性を高めます)は単に準備運動やクールダウンだけでなく、いろんな効果を持つ運動なのです。
それでは、ストレッチの効果について御紹介していきたいと思います。

まず、ストレッチには、関節の可動稼動域を広くして、柔軟性を高めるという効果があります。
身体の柔軟性が低くなっていくと、腰や関節の痛み、肩コリなどの様々な問題を引き起こす可能性が出てくるのです。
毎日を快適に過ごす事ができるようにするためにも、柔軟性を保ち続ける事はすごく重要なことだといえるのではないでしょうか。

また、ストレッチをすれば筋肉が伸ばされて、血液の循環も良くなるのです。
酸素や栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)を運搬するという重要な役割を担う血液の循環が良くなるということは、疲れた身体の疲労回復にも一役買ってくれるという訳です。

訳もなくイライラする時にも、ストレッチをすると、感覚刺激が中枢神経に伝えられて副交感神経(睡眠中やリラックスしている時に活発に働き、体の修復などを行います)が優位に変わって、リラックスした状態になることが出来ます。全くないというのも逆に健康にはよくないそうです。

ゆったりとしたストレッチをしてみるといいでしょう。
当り前ですが、広く知られているように、運動する前のストレッチは怪我の予防のために、運動後のストレッチは疲労してしまった筋肉の炎症防止に有効でしょう。

正しいやり方でストレッチを行うと、美容や健康にも役立つでしょうから、積極的にストレッチを行ってみてください。


>>兼子ただしの“スピード ストレッチ プログラム” ~体が硬い人、もっと柔らかくしたい人のためのストレッチ~

兼子ただし ストレッチ体操 トップへ戻る