腰の痛みを解消する

腰の痛みを解消する

腰痛の症状は様々です。これらの症状の説明と、腰の痛みを解消する方法を紹介します。

かいもんぶぎバンク > 腰の痛みを解消する

腰痛の症状は様々

腰痛は若い人から年配の人まで幅広い層の年代に起こる為、症状も実に様々です。
同じ痛みでも冷やした方が改善をする事と、温めた方がいい場合があり、自分で判断して対処してしまうことで治り辛くなってしまうケースもあるらしいです。

年齢問わずに疲労が蓄積している時などに腰を曲げたり、少し体をひねったりすると、突然腰が痛くなり、動けなくなってしまうのが、一般的によく耳にするギックリ腰です。
一瞬で激しい痛みが起こり、動けなくなります。
ギックリ腰っぽい痛みで、安静にしていてもよくならず、腰の痛みの他にも足の痺れも感じるようなら、腰椎椎間板ヘルニアの可能性も疑った方がいいかもしれません。

腰椎椎間板ヘルニアは、立っている時よりも前屈みや座っている状態で痛みを感じやすい為、靴(タレントのお宅拝見などでは、ショップみたいに並んでいることがよくありますね)下を履く動作で痛みを感じるのであれば注意が必要ですね。

脊髄分離症は、体を後方に反らせたり、長い時間ずっと同じ姿勢をしていることで腰に痛みを感じます。
脊髄すべり症になったのであれね、重くるしい腰の痛みからはじまって、足にも痛みやしびれを感じるようになるでしょう。

椎間板性腰痛は、椎間板の老化によって生じる腰痛で、神経の刺激により腰痛を感じます。
長い時間ずっと同じ姿勢でいると痛みを感じ、横になってしまったら症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)がやわらぎます。
腰痛の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)で一番多いのが、腰痛症と呼ねれる腰痛です。

腰には毎日の生活の色々な動作の負担が掛かりやすいため、腹ばいなんかの無理な姿勢での読書やテレビ観賞、高さの合っていないテーブル等で腰痛を引き起こしてしまいます。
あぐらをかいたり、お布団や枕を変えることでも腰に負担がかかってしまいます。
腰痛症は、腰が重い・だるい・凝るなど、痛みが鈍い為、自覚出来る症状がそんなにない場合がほとんどでしょう。
何となく過ごしている毎日の生活の中で腰痛が慢性化してしまうことも少なくないでしょう。

腰には絶対触らないでください。

日本の名医50人に選ばれた福辻鋭記さんにインタビュー







腰が痛いときに、腰回りをマッサージなどしても腰痛は改善されません。
ではどうするか?
私は、福辻鋭記さんの腰の痛みを治す超簡単な体操をお薦めすます。


>>簡単ストレッチで腰の痛みを治す

腰の痛みを解消する トップへ戻る